お肉

グラスフェッドビーフ・牧草牛の栄養|健康やダイエットに最適

更新日:

グラスフェッドビーフ(放牧牛)は現在とても注目されている食材の一つです。

その理由としてグラスフェッドビーフ(放牧牛)の栄養価にあります。

とても栄養価の高いグラスフェッドビーフ(放牧牛)は健康状態の促進やダイエットにも効果的と言われています。

事実、弊社ではナトレーザというグラスフェッドビーフを用いた、シュラスコを提供しておりますが、健康改善、ダイエットに繋がったとご連絡を頂くことが多数あります。

 

 

 

グラスフェッドビーフとはそもそも何なのか?

普通のお肉グレインフェッドビーフ(穀物牛)との違いについてもお話させて頂きます。

グラスフェッドビーフ(牧草牛)とは

グラスフェッドビーフとは草をメインの飼料として育てた牛肉のことです。

英語書くと、Grass fed beefとなります。

グラスフェッドビーフは牧草牛とも言わております。

赤身の肉質が特徴です。

脂身が少ないことからいくら食べてもヘルシーに頂けて、日本のお肉だと胸焼けをする人が胸焼けをしないというお話も多く頂いております。

 

 

 

グラスフェッドビーフ(牧草牛)はオートラリア産やニュージランド産が主です。

当サイトで取り扱っているグラスフェッドビーフは全てニュージランド産となっており、ニュージランド産のグラスフェッドビーフ(牧草牛)は高品質で美味しく安全と言われております。

ニュージランド産のグラスフェッドビーフ(牧草牛)が高品質な理由は以下の3つが挙げられています。

  • 大自然の為、栄養価の高い牧草を食べのびのび過ごしている
  • BSEや口蹄疫の発生率ゼロで安全
  • 牧草で育った牛肉

具体的な理由を含めて、更に説明させて頂きます。

グラスフェッドビーフ(牧草牛)とグレインフェッドビーフ(穀物牛)の違い

日本で主流になっている牛の飼育方法はグレインフェッドビーフ(穀物牛)です。

グレインフェッドビーフとは穀物をメインの飼料として育てた牛肉のことです。

英語で書くとGrainfed Beefとなります。

グレインフェッドビーフは穀物牛とも言われております。

穀物で牛を育てることで早く大きく、牛を育てることができ、太らせることで霜降りの多い肉質になることが多いです。

もちろん、牛の種類によりますので、グレインフェッドビーフ(穀物牛)が必ずしも霜降り肉になるとは限りません。

 

 

 

違いをまとめると

グラスフェッドビーフ(牧草牛)は栄養価の高い草を食べて育つ為、栄養価の高い牛肉で、脂肪は少なく赤身が多い肉質が特徴。

グレインフェッドビーフ(穀物牛)は穀物を多く与えて育つ為、脂身が多く、霜降りが多い肉質が特徴です。

 

 

 

赤身=グラスフェッドビーフとは異なりますので、ここは理解が必要です。

グラスフェッドビーフ(牧草牛)の栄養

先ほどお話させて頂いた通り、グラスフェッドビーフ(牧草牛)は栄養価の高い草を食べて育った牛肉のため、牛肉自体の栄養価もとても高いことが特徴的です。

栄養価の高いグラスフェッドビーフを食べることは、人にも良いことです。

グレインフェッドビーフ(穀物牛)と比べ、どちらが自然でどちらが不自然かを考えて頂ければ、なぜグラスフェッドビーフ(牧草牛)が良いかわかるはずです。

 

 

 

グレインフェッドビーフ(穀物牛)は『農薬を使った穀物を使って、早く太らせて早く出荷させたい』『霜降りの多い肉を育てたい』『土地が狭いから牧草で飼育ができない』などの理由から穀物牛を育てている方もいます。

このことから

  • 太っている
  • 脂肪が多い
  • 栄養が足りていない
  • 運動不足

となります。

不自然で不健全な生活かと思います。

果たしてこのようグレインフェッドビーフ(穀物牛)を食べて、健康になるのでしょうか?

 

 

 

グラスフェッドビーフ(牧草牛)は基本的に海外の豊富な自然と土地で育てているため、『栄養価の高い自然な草を食べている』『土地が広いので歩き回る』『健全に大きくなる』となります。

このことから

  • 健康的な体
  • 脂肪が少ない
  • 栄養が高い
  • 毎日運動

となります。

自然で健全ですよね。

 

 

 

このことからグラスフェッドビーフ(牧草牛)が栄養価が高く、安全で健康的な牛肉であることは明確です。

有名な本『シリコンバレー式 自分を帰る最強の食事』や医者の荒木 裕医学博士なども進めており、医学的根拠も充分です。

 

【荒木式】断糖肉食ダイエット

 

具体的には

  • CLA(グレインフェッドビーフの約2倍)
  • DHA・EPA(グレインフェッドビーフの約2~4倍)
  • 鉄分(グレインフェッドビーフの約3倍)

となっており、CLAは脂肪を燃やす栄養素、DHA・EPAはコレステロール値を下げ、肌の調子を良くする栄養素、鉄分は貧血改善の栄養素です。

さらにビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどなど、様々な栄養素がグレインフェッド(穀物牛)より多くなっております。

グラスフェッドビーフ(牧草牛)で健康に!ダイエットにも最適

栄養価を復習すると

  • CLA(グレインフェッドビーフの約2倍)
  • DHA・EPA(グレインフェッドビーフの約2~4倍)
  • 鉄分(グレインフェッドビーフの約3倍)

となっています。

先ほど記載している通り、グラスフェッドは多くの栄養素を持っています。

このことから健康になることは分かるかと思います。

 

 

 

具体的に申し上げると、CLAは脂肪を燃やす栄養素、DHA・EPAはコレステロール値を下げる為、メタボ改善・ダイエットに効果があると言えます。

 

また、DHA・EPAは肌の調子を良くする栄養素の為、美容に良いことも分かります。

さらに鉄分は貧血改善の栄養素の為、生理痛の改善や貧血改善、朝の目覚めの改善にも効果があります。

 

 

 

なぜグラスフェッドビーフ(牧草牛)が良いのかが、ここで分かられたかと思います。

この話を聞いた上で、グレインフェッドビーフ(穀物牛)を選ぶことがあるとしたら好みの味かどうかくらいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエットを、ぜひ皆さんも始められてください。

 

 

 

健康、安全、ダイエットの為にもグラスフェッドビーフ(牧草牛)をこれから選択されてください。

当サイト『ナトレーザ通販』ではグラスフェッドビーフの販売を行なっております。

ぜひご利用ください。

 

 

オススメの記事

-お肉

Copyright© シュラスコは福岡市の天神・今泉の【ナトレーザ】へ! , 2018 AllRights Reserved.