日記

糖質依存症からの脱却

更新日:

先日、お客様から相談を受けました。その内容です
友人に断糖食を教えてあげようと思って、
いろいろ話をしてみたんですが、
大失敗しました。。。
友人は、「痩せたい」と言っていたので、「糖質」を摂取しない断糖食を
教えてあげたんですが、反論されました。

(友人の反論の内容)

・野菜は、ビタミンなどの栄養があるから摂取しないといけない。
・米やパンは主食だから食べる。
・肉ばかり食べるとガンになるからいけない。
・果物は栄養たっぷりだから食べる。
・バランス良く食べるのが、一番健康。

友人の反論内容は、
おおよそ上記のようなことでした。
まあ、これは一般的に常識として知られていることなので、仕方のないことですし、私も荒木先生に出会う前は、同じことを思っていました。
でも、荒木先生に出会った私たちは、上記の反論がいかに間違っているかをよく分かっています。

 

【荒木式】断糖肉食ダイエット

 

すべて、理論的に間違いを訂正することができます。

でも、結局そんなことをしても、あまり意味がないことでした。

と言うのも、やはり一般的な常識に対する思い込み(すり込み)が非常に強く、
議論になってしまうんですね。
私は、議論と言うものは好きではありません。
いろいろな書籍を読んでも成功法則の一つに挙げられています。
必要のない議論はしない方が良いです。

断糖肉食を続けて、2週間で5㌔減量されたお客様からの相談内容です

2週間は、まだまだ途中の段階で周りの人から見たら変化を感じられないと思います。
頑張って2ケ月続けて、引き締まった体・ツヤツヤ肌に変身した時、周囲の人たちから
驚かれて「どんなダイエットしたの?」「ツヤツヤ肌どうしたの?」の質問攻めにあいます。
百聞は一見に如かず
貴方が劇的に肉体改造すれば議論もいりません・・・・と回答しました
ハリウッドスター・プロスポーツ選手・歌手・俳優・企業のトップの人たちが「こそっと」
実践してる食事方法です。
スポンサーの関係上、影響力のある人たちがTV・雑誌では言えないのが「トウシツ」
一般的に「バランスのいい食事」は「経済のバランスのいい食事」だと思います。
しかし、糖質過剰摂取による糖質依存症からの脱却は、かなりの勇気と我慢を要求されます。
最初の3日間が重要です。(ナトレーザ3日間コースがオススメ)
クリアすれば、2週間にチャレンジ!このころから、脳との闘いは、緩和され「体が必要としている食べ物」と「欲で食べたいもの」の違いがわかります。
炭水化物を食べたら 後々どうなるか?を想像しただけで「もういいや」我慢して肉を食べよう!に変わります。

ナトレーザのカウンター席には、肉体改造成功者が頻繁に来店されてます。
「疲れない体」「脳の動きが変わった」「肌年齢が20代に」「20㌔痩せた」「吸入器がいらなくなった」
「アトピー改善」「勝手に筋肉がついてスポーツ復活」
中には、「モテるのは自分だけ」(正直)
皆さん、ミトコンドリアの発電装置にスイッチが入ってエネルギッシュですね!

食べて痩せて筋肉をつける「断糖肉食」は、説明するよりナトレーザの常連のお客様や
スタッフを見にきて下さい!
欧州では、糖質制限の方向に進んでます
日本では、気づいた人だけが得をしてるだけです。
長い人生 たった2ケ月の辛抱です
詳細は、お店で説明させて頂きます

ナトレーザ 店主

オススメの記事

-日記

Copyright© シュラスコは福岡市の天神・今泉の【ナトレーザ】へ! , 2018 AllRights Reserved.